MENU

生理前にオナラが多く発生する原因やオナラの我慢が及ぼす悪影響は?

生理前 オナラ 発生 原因

 

オナラが発生する原因は様々な要因があります。

 

特に女性はホルモンバランスが崩れやすいので、オナラの回数が多くなる傾向にあります。

 

そして生理前はホルモンバランスの影響が大きく、オナラの回数が多くなって困っている女性が多いのです。

 

しかし、生理前とオナラの発生回数には直接的な関係は無いというのが一般論となっているのをご存知でしょうか?

 

ここでは、生理前にオナラの回数が多く発生する原因や、オナラを我慢することで体に及ぼす悪影響についてご紹介します。

 

 

1.生理前にオナラが多く発生する原因

 

生理前 オナラ 発生 原因

 

生理前にオナラが多くなる人は、ホルモンバランスが崩れていることが原因です。

 

しかし、生理中に感じている人は血液が子宮に集中することにより、お腹が張った状態になってしまうことが原因と言われています。

 

さらに生理前から生理中にかけては便秘になりやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

オナラ → 妊娠するとオナラは多くなるのか?

 

便秘になると腸内に便が溜まっている状態になりますから、オナラが発生することが考えられます。

 

ですので、生理前から生理中にかけてはオナラが多いと感じるかもしれません。

 

 

2.生理前にオナラを我慢することで及ぼす悪影響とは?

 

生理前 オナラ 発生 原因

 

生理前の便秘は体に良い状態ではありませんし、放置していると口臭が臭くなってしまったり、肌荒れになる危険性もあります。

 

便が出なくなると、体全体に悪影響を及ぼすことを理解しておきましょう。

 

便秘中は便から腐敗ガスが発生し、それがオナラとなるのですが、女性はオナラを出すことに罪悪感を感じる人が多いものです。

 

せっかくガスとして体外へ放出しようとしているものを我慢してまた体内に留まらせてしまうと、体内にガスが充満することになります。

 

ある程度の限界を超えると、オナラは小腸へと戻ることになります。

 

そうなると血液中にもオナラの成分が流れ込むことにより、肺へと流れ込みます。

 

すると口臭が非常に臭くなってしまうのです。

 

それだけではなく、大腸に溜まったオナラは皮膚を伝って体外へ放出されます。これにより体臭の原因になる可能性もあります。

 

このように便秘を放置しておくことで体臭や口臭、肌荒れなどを引き起こすことになるので注意しましょう。

 

 

まとめ

 

生理前はホルモンバランスが乱れることで、便秘になりやすくなりオナラが増えることがわかりました。

 

女性は人前などでオナラを我慢しがちですが、ガスを体内に溜めてしまうことで悪影響を及ぼしてしまいます。

 

例えば、体臭、口臭、肌荒れなど臭いを引き起こすと言われています。

 

できるだけオナラを外に出し、オナラの元となる便秘解消に努めることが大切ですよ。