MENU

オナラが発生する原因やオナラを我慢することで体に及ぼす影響とは?

オナラ 発生 原因

 

そもそもオナラとは何なのでしょうか?

 

肛門から排出される気体で、通常は無臭ですが体調不良などが原因で耐え難い臭いを発するときがありますよね?

 

オナラが発生する原因を知ることで対策もできますし、我慢することが体に良くないということも理解できるでしょう。

 

ここでは、オナラが発生する原因やオナラを我慢することで体に及ぼす影響についてご紹介します。

 

 

1.オナラを我慢することで体に及ぼす影響とは?

 

オナラ 発生 原因

 

「オナラはなるべく我慢しなくてはいけない。」という風潮が当たり前のようになっています。

 

確かに、時と場合によってはオナラを出すことが非常識に当たる場面もあるでしょう。

 

しかし、体の外に排出するという生理現象なので、オナラを我慢することは決して良いことではありません。

 

オナラを我慢すると体内にガスが溜まってしまい、そこで更に醗酵が進んでオナラはどんどん臭くなります。

 

おならがしたくなった時は、迷惑をかけない場所へ移動して出すようにしたほうがいいのです。

 

 

2.オナラが発生する最大の原因とは?

 

オナラ 発生 原因

 

では、オナラが発生する原因には何が考えられるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

オナラ → 生理前にオナラが多くなる原因

 

オナラが発生する原因として考えられているの「空気を飲み込む」ということです。

 

オナラの成分の7割は空気です。

 

食事をした時に一緒に空気も飲み込んでしまい、それがガスとして体内で漂いオナラとして排出されるという訳です。

 

人間ですから食事をしながらでも呼吸をしますので、その時に多少なりとも空気を飲みこんでしまうのです。

 

だからこそ、人間はオナラを完全に止めることはできないのです。

 

 

3.「空気を飲み込む以外」でオナラが発生する原因3つ

 

オナラ 発生 原因

 

オナラの最大の原因は「空気を飲み込む」ことでしたが、それ以外に言われているオナラの原因を3つ挙げてみましょう。

 

 

@繊維質の多い食材をよく食べている

 

繊維質が多く含まれる豆類やイモ類などを過剰に摂取すると、大腸で分解される成分からオナラが多く発生するとされています。

 

 

A炭酸飲料をよく摂取している

 

ビールなどの炭酸飲料を大量に摂取すると、オナラが多く発生します。

 

炭酸には多くの空気が含まれているのでゲップだけではなくオナラとしても排出されるのです。

 

 

B過労や睡眠不足で胃腸の働きが悪い

 

胃腸の働きが悪くなるとガスが溜まりやすくなり、オナラが多くなります。

 

過労や睡眠不足は体調不良を発生させる大きな原因です。

 

オナラの回数が増えるだけではなく、他の病気を引き起こしかねないので過労や睡眠不足が続いている場合は改善するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

オナラの発生原因は以下のように多岐に渡ることがわかりました。

 

  • 食事の際に空気を飲み込む
  • 食物繊維をよく食べる
  • 炭酸飲料をよく飲む
  • 胃腸の働きが悪くなっている

 

これらを全て改善させたとしても、オナラを止めることはできません。

 

オナラの回数が多くても、それほど臭くなければ体調を疑うものではありません。

 

空気を飲みこまないようにすることはできませんので、異常なオナラを出さないためにも胃腸の働きが悪くならないような生活習慣を心がけることが大切です。