MENU

オナラを止める方法は?オナラの回数を減らすための改善法

オナラ 止める方法 改善

 

オナラを人前ですることは非常識とされていますし、マナーや常識を考えればオナラは我慢するべきかもしれません。

 

生理現象とは言え、出す場合には時と場合を考えなくてはいけません。

 

しかし、オナラは生理現象ですし、自分の力でオナラを止めたりコントロールすることが非常に難しいですよね?

 

ここでは、オナラを止める方法はあるのかどうか?そして、おならの回数を改善する方法についてご紹介します。

 

 

1.オナラを我慢するとどうなる?オナラを上手く止める方法は?

 

オナラ 止める方法 改善

 

オナラの回数を減らすことはできますが、オナラを止める方法というものは残念ながら存在しません。

 

それは、食物を消化する時に少量でもガスが発生してしまい、オナラとして体外へ放出される生理現象だからです。

 

オナラをしないと体内に不要なガスが留まることになり、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

オナラ → 発生する原因とは?

 

オナラを止める方法が無いからと言って我慢をすることはよくありません。

 

オナラは人前ですることは失礼にあたりますし、女性であれば我慢をしてしまうことは多いでしょう。

 

しかし、我慢をすることで、今度は出したい時に上手にオナラを出すことができなくなります。

 

オナラを我慢することにより、逆にオナラの回数が増えてしまうなどの弊害が起こります。

 

この部分は自分で上手く調節していくしかありません。

 

 

2.オナラの回数を減らすための改善法

 

オナラ 止める方法 改善

 

オナラを止める方法ないので、我慢するしかありません。

 

それでも回数を減らしたいと思うならば食生活や体調管理などをしっかりと行っていく必要があります。

 

オナラの回数が多く、少しでも止める方法を考えているのであれば食べ物を変えていきましょう。

 

オナラは食べ物の消化によって発生する場合もありますが、偏った食生活を続けるのもオナラの原因なります。

 

たとえば繊維質の多い野菜中心の生活をすると、大腸で分解された繊維質がガスを発生させてオナラが多くなります。

 

逆に肉ばかりの生活でも悪玉菌が多く発生するのでオナラの回数は多くなります

 

つまり、バランスの取れた食事をしていくことが改善には必要不可欠であるということです。

 

さらに、具体的な対策として「空気を飲み込まない」という方法があります。

 

オナラの成分はほとんどが空気です。

 

食事中に空気を飲み込むことでオナラが多く発生します。

 

早食いなどをしている人は空気も一緒に体内に取り込みやすいので、ゲップやオナラが多くなるのです。

 

 

まとめ

 

オナラを止める方法ではありませんが、回数を減らす方法として今回はご紹介してみました。

 

肉ばかりの食生活を辞め、野菜豊富な献立を意識していくようにしましょうね。

 

また、早食いをすると空気を取り込みやすいので、落ち着いて食べるなど生活習慣の改善から始めてみましょう。