MENU

オナラのにおいが臭くなる食べ物や、においを改善する方法とは?

オナラ におい 食べ物

 

オナラが出やすい食べ物というのはあるのでしょうか?

 

一般的に言われているのはサツマイモなどのイモ類です。

 

これは繊維質の多い食べ物の代表として挙げられるほどなので間違いではありません。

 

では、繊維質以外でオナラが出やすい食べ物にはどういったものがあるのでしょうか?

 

ここでは、オナラが臭い原因となる食べ物やオナラのにおいを改善する方法についてご紹介します。

 

 

1.「糖分や繊維質」を食べた時のオナラのにおいの特徴

 

オナラ におい 食べ物

 

オナラはガスが腸内で発生することにより生じます。

 

そのガス発生の元となるのは、糖質が関係しています。

 

糖質は消化されにくい性質を持っているため、細菌によってガスに変化してオナラが発生しやすくなるのです。

 

また、炭酸飲料を愛用している人もオナラが出やすいと言われています。

 

炭酸は空気を体内に取り込むため、それでゲップが出るわけです。

 

それでも全ての空気を外に出せるわけではありませんので、オナラとして体外に排出されるのです。

 

ただ、糖分の多い食べ物や繊維質の食べ物を過剰に摂取した際に発生するオナラは無臭であることがほとんどです。

 

こうしたオナラは危険ではありませんので特に気にする必要はありません。

 

注意して頂きたいのは次にご紹介する食べ物を摂取後に発生するオナラです。

 

 

2.「動物性たんぱく質」の食べ物がオナラを臭くする理由

 

オナラ におい 食べ物

 

肉類や卵、さらにはにんにくなどの食べ物を多く摂取すると、腸に必要以上の負担を発生することになります。

 

するとガスが多く発生することになるのでオナラが出やすくなります。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。

 

動物性たんぱく質などは悪玉菌を活性化させ、アンモニアなどの臭いの原因となる成分がガス内に含まれ、オナラが臭くなるのです。

 

スポンサーリンク

オナラ → 女性のためのオナラ事情《問題解決と原因》

 

オナラが出やすくなるというのも、悪玉菌が活性化していることに起因しているのです。

 

 

3.臭いオナラのにおいを改善する方法

 

オナラ におい 食べ物

 

非常に臭いと感じるオナラを出す場合もあれば、無臭の場合もありますよね。

 

腸内環境が良ければオナラは無臭なので、その場合は問題はありません。

 

しかし、悪臭を放つ場合は腸内環境が悪化しているサインであり、食生活を見直す必要があります。

 

オナラが多く出るのは特に問題はありません

 

オナラが出やすい食べ物を摂取することで自然とそうなるからです。

 

問題なのは臭いオナラが常に出る場合です。

 

悪玉菌が増えていると考えられるので、ビフィズス菌などの善玉菌を摂取するなどして腸内環境を改善していきましょう。

 

 

まとめ

 

オナラのにおいが臭いときや、それほどにおいが無いときなど、人によっても、日によっても様々でしょう。

 

でも、あまりにもにおいがあるときは腸内環境が良くないと言われているので、食事を見直すきっかけにしてみてください。

 

オナラが出やすい食物繊維などの食べ物によるオナラはそれほど臭いがないそうです。

 

野菜をあまり食べず、肉などをたくさん食べ続けているとオナラが臭くなってしまうので気をつけましょう。