MENU

オナラと悪玉菌が増殖しても「にんにく」を食べたほうがいい理由

にんにく 悪玉菌 増殖 オナラ

 

にんにくを食べるとオナラが臭くなると感じている人は多いのではないでしょうか?

 

これは、にんにくに含まれる硫黄化合物が影響をしています。

 

しかし、少量のにんにくは疲労回復や滋養強壮に効果が期待できるので食べたいですよね。

 

ここでは、にんにくを食べると悪玉菌が増殖してオナラが臭くなる理由と、にんにくがもたらす効果についてご紹介します。

 

 

1.「にんにく」を食べるとオナラが臭くなる理由

 

にんにく 悪玉菌 増殖 オナラ

 

にんにくには強い刺激臭を持つ硫黄化合物が多く配合されています。

 

これが腸内に入ると臭いオナラを発することになります。

 

腸内には100兆を越える細菌があり、その中には腸内環境を正常化してくれるビフィズス菌もいますし、ウエルシュ菌に代表されるような悪玉菌もあります。

 

これらが相互作用することにより、腸内を清潔に保っているのです。

 

その腸内ににんにくが入ると、強い殺菌効果で善玉菌の活動を弱体化させて、悪玉菌を増殖させてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

オナラ → においが臭い原因とは?

 

 

悪玉菌が食物を腐敗をさせてしまうので、アンモニアやインドールと言った刺激臭を発生させる成分を作ってしまいます。

 

それらがガスとなり、肛門を通じて体外に排出されて臭いオナラが発生してしまうのです。

 

にんにくを食べてオナラが臭くなる理由は、腸内の悪玉菌が活発になってしまうからといえます。

 

 

2.オナラと悪玉菌が増えても食べるべき?!「にんにく」が持つ素晴らしい効果

 

にんにく 悪玉菌 増殖 オナラ

 

にんにくを食べるとオナラが臭くなるということから、にんにくを摂取することを避ける人は多いです。

 

特に女性はその傾向が強く、にんにくを敬遠する人も多いでしょう。

 

しかし、にんにくには疲労回復や動脈硬化の予防には良い食べ物なので、この効果を無視するわけにはいきません。

 

硫黄化合物は強い刺激臭を発生させますが、その代りに強い抗酸化作用をもたらしてくれると言われています。

 

血行促進や血栓溶解などの働きをするので血液サラサラ効果があります。

 

その為、にんにくは動脈硬化の予防に最適な食べ物として紹介されているのです。

 

にんにくにはアシリンと呼ばれる成分が含まれ、「疲労回復」に大きな効果が期待できるのです。

 

さらに、滋養強壮効果も高いということから、疲労回復に「アシリン」を摂取することが望ましいのです。

 

昔からにんにくを食べることで疲れが吹き飛ぶと言われていますが、現在の科学でも実証されている確かな効能なのです。

 

このメカニズムを知っておくことでにんにくがどれだけ体に良い食べ物なのかを知ることができるでしょう。

 

 

まとめ

 

疲労回復や動脈硬化に効果的と言われるにんにくですが、オナラが臭くなる原因になるので「食べたいけど控えている。」という人もいるのではないでしょうか?

 

にんにくにはオナラを臭くさせる硫黄化合物が配合されているので、オナラが出やすい人にとっては避けたい食べ物かもしれませんね。

 

でも、にんにくの持つ素晴らしい効果を考えると、摂取したほうがいいと言えるでしょう。

 

にんにく単体で食べるというよりは、他の食材と一緒にバランス良く摂取するようにしてくださいね