MENU

オナラの音の正体とは?人前でオナラの音が出てしまった時の対処法

オナラ 音 正体 無臭

 

自分でも他人でもオナラをしているのに気付く時は、においより先に「音」で気づく場合が多いですよね?

 

オナラは人間の生理現象ですから深く考える必要はありません。

 

オナラの音について悩み、ストレスを抱えている人もいますが、その状態のほうがよっぽど体に悪影響であることを自覚する必要があります。

 

ここでは、オナラの音の正体や、人前でオナラの音が出てしまったときの対処法についてご紹介します。

 

 

1.オナラの音の正体は?オナラの音が大きいほど無臭ってホント?

 

オナラ 音 正体 無臭

 

人は何故オナラを出す時に音が出てしまうのでしょうか?

 

音さえ出なければ、人前であろうとも隠れて出すことができるかもしれません。

 

オナラは肛門括約筋という筋肉でせき止められています。

 

そこに体内からガスを出したい圧力が多く加わることにより、肛門括約筋だけでは抑えることが出来なくなります。

 

スポンサーリンク

 

オナラ → 効果的な出し方について

 

その瞬間にガスが肛門から体外へ放出されるのですが、「音」が発生するのです。

 

中には音が発生しないいわゆる「スカシ屁」というのがあります。

 

実は臭いオナラは音があまり出ない場合に多いと言われています。

 

逆に、オナラの音が大きいものは無臭である場合が多いです。

 

 

2.オナラの音が出てしまったときの対処法

 

オナラ 音 正体 無臭

 

人前で何かの拍子にオナラが出てしまう場合が考えられます。

 

そこで他人のせいにする人もいますが、それは人間関係を悪化させてしまうのでやめましょう。

 

もし、自分がやってしまったという自覚があるなら、思い切って謝罪する心構えが必要でしょう

 

女性の場合は他人に自分がオナラをしたという事を宣言するのが恥ずかしいと感じるものです。

 

しかし、正直にそこは伝えることが望ましいでしょう。

 

そのほうが人間関係を悪化させないで済むし、評価の対象にもなるかもしれません。

 

正直ものだと思われるでしょうし、意外と「かわいいな。」と思われるかもしれませんよ。

 

自分から言わないと気まずい空気になってしまうので、正直に話すことが一番です。

 

まずは自分がしたということを正直に話すという勇気を持つことが大事です。

 

 

3.人前でオナラが出そうなときはどうすればいい?

 

オナラ 音 正体 無臭

 

基本的にオナラを人前ですることは非常識だとされています。

 

最低限のマナーとして、人前ではできるだけ我慢するのが望ましいです。

 

でも、オナラを我慢しすぎるとかえって体調不良になりますので、人がいない場所に移動して出すなど、臨機応変に対応してくださいね。

 

 

まとめ

 

人前でオナラが出そうなときってありますよね。

 

学校や職場などで机が並んでいる状態では音やにおいでバレてしまうかもしれません。

 

席を立てる状態なら人がいない所で済ましてしまうほうが望ましいです。

 

あまり我慢をし過ぎると体に良くないので、周りを不快にさせないように気を付けてオナラを出すようにしましょう