MENU

オナラの異常や回数で分かる要注意な病気3つと対処法

オナラ 病気 注意

 

オナラは生理現象なので誰でも発生するものですが、個人差があり回数にもバラつきがあります。

 

多いからといってすぐに病気を疑うのは早計ですが、強烈な臭いを発するオナラが異常なほどの回数を毎日のように出している場合は病気のおそれがあります

 

その場合は、病院を受診するなどして病気か否かを調べておいたほうがいいかもしれません。

 

では、オナラと病気にはどのような繋がりがあるのでしょうか?

 

ここでは、オナラで分かる要注意な病気3つと対処法についてご紹介します。

 

 

1.オナラの回数が増え、吐き気が特徴の「慢性胃炎」の場合

 

オナラ 病気 注意

 

慢性胃炎は現代病とも言われており、精神的なストレスを溜め込むことにより胃の粘膜が弱くなります。

 

すると胃酸により胃が炎症を引き起こすことになります。

 

急性胃炎は暴飲暴食が原因であることがほとんどですが、慢性の場合は様々な原因が考えられるので特定することが難しいとされています。

 

スポンサーリンク

 

オナラ → ほとんどの成分は無臭でできている

 

慢性胃炎は胃の機能が低下するのでオナラの回数も増えますし吐き気を伴う場合があります。

 

さらには胃もたれや胃痛などを感じることもあるでしょう

 

これらが単発であれば問題ないのですが、頻繁に発生する場合は慢性胃炎より重い胃潰瘍になっていることがあります

 

 

2.オナラの回数が増え、腹部の違和感が特徴の「空気嚥下症」

 

オナラ 病気 注意

 

馴染みの無い病名かもしれませんが、炭酸飲料を多く摂取している人が患う病気としても知られています。

 

空気嚥下症は自分でも気付かないうちに大量の空気を飲み込んでいることにより発生する病気です。

 

大量に空気を飲み込んで胃腸に溜まり、オナラの回数が多くなるのです。

 

重大な病気という位置づけではありませんが、腹部に違和感を感じるなどの異変がある場合は空気嚥下症かもしれません

 

早食いや炭酸飲料などを愛用している人は、その食生活を改善することで治まっていくようです。

 

 

3.オナラの異常と腹痛が特徴の「過敏性腸症候群」

 

オナラ 病気 注意

 

情緒不安定やストレスなどが原因で発生するのが過敏性腸症候群です。

 

通称「IBS」と呼ばれています。

 

症状は、ぜんどう運動が機能しなくなり、腹痛を伴いながら下痢や便秘を繰り返すようになります。

 

また、「オナラが止まらない」という症状を発症する人もいます。

 

腸内環境が乱れていることにより、下痢や便秘、さらにはオナラの異常が確認されますので、すぐに病院に行くことが必要です。

 

 

まとめ

 

オナラで分かる病気には様々なものがありますが、今回は3つの病気をご紹介しました。

 

どれも胃腸に異変が起こることで発症するので、オナラにも変化が起こるはずです。

 

食生活の改善でオナラは改善されますが、ストレスなど精神的な負担がある場合は生活スタイルを変えるなどしていく必要があります。

 

まずは食事を見直し、ストレス発散をするなどして病気の改善を試みていきましょう。

 

そして必要に応じて病院受診をすることも忘れないでくださいね